LANDFALL Vol.73

新たな視点からのエネルギー利用

人間は、より快適な生活をするために工学を研究、利用してきた。工学技術の利用に伴うエネルギーの大量消費によって、化石燃料の枯渇が懸念されている。さらに先の東日本大震災以降、エネルギー供給量についての不安も高まっている。佐藤・齊藤研究室で研究を行っているエネルギー利用工学は、エネルギーの有効利用を目的としている。今までよりエネルギーをうまく利用する方法を考え、より大きな成果をあげようとするこの分野は、現代に必要とされている分野であるだろう。